犬山工場 品質管理課

先輩社員の声

犬山工場 品質管理課 飯田 俊 2013年新卒入社/理工学部電気電子工学科 卒

どのような仕事をしていますか?
取引先への製作依頼をしている製品部材の
検査業務を中心に行っています。

品質管理課では、各製品と部材の検査業務をはじめ、製造現場における作業工程の助言やアドバイスを行うことで、高品質で安全な製品をお客様にお届けしています。特に私が任されている業務は、取引先へ製作依頼をしている鋼製物置やオフィス家具の製品部材の検査業務です。製作依頼の部材一つ一つを手に取り、工場技術課で作成された図面と見比べ、イナバの基準に適合した部材であるかを検査しています。基準外の部材については、製作依頼先の方の現場に赴き、直接、助言を行う機会もあります。イナバは部材に対しても、寸法、角度、ネジ切りの精度等の細かな確認項目があるため、検査業務は正確で繊細さが求められますが、製品に対するこだわりと誇りを感じています。

仕事のやりがいを感じる時は何ですか?
単純作業の繰り返しではなく、
自分なりに知恵を絞って行動が取れるところです。

取引先への製作依頼の検品業務は、日々、同じ部材について同じ検査をしているわけではありません。イナバ製品の更なる品質の向上に向けて、各セクションに提案を投げかけることが大事です。例えば、同じ鉄板でも、「こんな使い方もできるのではないか」、「こんな使い方をした方が特性を活かせそうだ」等の提案を、現場作業者や、時には製作依頼先の方と一緒に考えて、それを実行し、その都度、改善していくことがお客様の満足に繋がると考えています。イナバでは自由に意見を発言し、挑戦できる社風があります。自分の出した提案が採用されて、それがワンランク上の高品質な製品となって完成した時は、非常に嬉しく感じます。

イナバで働くことを決めた理由は何ですか?
選考中の工場見学を通じて、
若手でも活躍している姿に惹かれました。

イナバは1950年設立の歴史ある会社です。そのため、ベテラン勢が多く、若手は働きにくそうなイメージがありました。しかし、会社説明会や工場見学を通じて、若手の社員が現場で活躍している姿や、年齢差に関係なく社員同士が気さくに会話しているところを見て、働きやすそうな会社だな、と感じるようになりました。品質管理課は他の部署と連携を取ることが多い部署です。実際に入社してからも、課内の垣根を越えて他の部署とも気軽に相談しやすい、風通しの良い会社だと感じています。

就活生に向けての温かいメッセージをお願いします!

就職活動では、どうしても自分と周囲の就活生を比較してしまい、焦りや物事をネガティブに考えてしまったりする時期でもあるかと思います。焦らずに自分のペースを維持し、悔いのない就職活動を行って欲しいと思います。