犬山工場 技術課/設計班

先輩社員の声

犬山工場 技術課/設計班 小椋 美香 2009年新卒入社/工学部建築学科 卒

どのような仕事をしていますか?
鋼製物置や、ガレージ、大型倉庫等に使用する、
部材の図面作成を任されています。

イメージとしては、本社技術部で、製品の全体像、大枠の図面を作成します。それに対して、私たち工場の技術課では、その製品に使用する各部材の図面の作成を行います。イナバの製品は多種多様で、製品ごとに適合する部材は様々です。各部材の性能や特徴をしっかりと把握し、相互の相性を見極めることが重要です。工場内の各部署や本社技術部とのコミュニケーションをとり、より見やすく、分かりやすい図面になるよう心がけています。また、社内活動の一環として改善活動に取り組み、既存製品の品質及び生産性を向上させる活動も行っています。

仕事のやりがいを感じる時は何ですか?
入社後、早い段階から責任のある業務を任された時、
大きなやりがいを感じました。

入社後の早い段階で、イナバクリエイトが手掛けている、トランクルームのモデルチェンジを任されました。通常の鋼製物置と同様、製品の種類が多種多様なため、幾つも部材の図面作成を行いました。各部材の図面を一から作成することは試行錯誤の連続でしたが、それらの部材が図面通り曲がった時や、「かたち」になった時には、とても嬉しかったことを覚えています。苦労の末、私たちが作製したトランクルームは、マンションの共有部分を中心に設置され、住民の収納スペースとして使用されています。イナバでは若手でも大きな仕事を任せてもらえるので、常にモチベーションを高く保って、業務に取り組むことができると思います。

イナバで働くことを決めた理由は何ですか?
気さくな雰囲気で、
女性でも働きやすい環境だと感じたからです。

イナバでは、物置勉強会や物置組立競技会等、社外の方を対象としたイベントが盛んだと聞いていました。私の場合は、淡々と業務に取り組むだけでなく、幅広く人と関われる仕事に就きたいと考えていたので、イナバの社風に合っていると感じました。実際、それらのイベントでは、業務に関する意見交換からはじまり、日々の出来事まで、会話を通じて、多くの方々と接点が持てる良い機会になっています。また、社内旅行や忘年会、新年会等といった楽しい行事が定期的に開催されるため、技術課内は明るくて気さくな雰囲気です。工場内の女性比率は少ないのですが、少ないなかにも、現場で活躍している女性がいます。イナバはオープンでフレンドリーな社風のため、女性でも馴染みやすい環境だと思います。

就活生に向けての温かいメッセージをお願いします!

その仕事が自分に合っているかどうか、実際に働いてみないとわからないかもしれませんが、業種や職種に捉われることなく、少しでも気になった会社があれば、足を運んで欲しいと思います。色々な会社を見て、自分のやりたいことを見つけてほしいと思います。