技術部 第一開発課|株式会社稲葉製作所

技術部 第一開発課

先輩社員の声

技術部 第一開発課 今村 圭佑 2010年新卒入社/工学部機械サイエンス学科 卒

どのような仕事をしていますか?
お客様のニーズにお応えできる、
オフィス家具の開発に携わっています。

イナバのオフィス家具には様々なラインアップがありますが、収納庫やOEM(※相手先ブランド製造)向けの製品開発を中心に携わっています。例えば、収納庫では、外観部品だけでなく、お客様の利便性を追求した、引出しの新しいロック機構などの開発を行います。しかし、利便性だけではなく高品質な製品を開発するためには、図面作成から、実際にそれを工場で効率良く製造することができるかを検証すること、その品質が基準をクリアしているかを検証すること、現場で、目で確認することも大切です。他部署との意見交換を交えて、良い点は活かし、悪い点については改善策を出し合い、何度も検証を重ねることで、高品質なイナバブランドの製品が開発されます。また、OEM先との意見交換を交えながら、ひとつの製品の開発に取り組むことも行います。製品開発の背景には、イナバ独自の技術力と、多くの人の知恵が含まれていると感じています。

仕事のやりがいを感じる時は何ですか?
「個人用防災備蓄BOX」の開発を、
一から携われたことが大きなやりがいです。

東日本大震災以降、国内企業では防災対策の強化が推奨され始め、多くの企業が大型の保管庫などを導入して社員分の物資を備蓄する一方、収納スペースを確保できない企業も少なくありませんでした。その問題を解消するべく、考案されたのが「個人用防災備蓄BOX」の開発です。机の下のデットスペースを活用し、各自が最低限必要な備蓄品を自分で収納できる製品特徴は、前例が無かったため、インパクトが大きく、瞬く間に企業を中心に評判となりました。年齢差関係なく、大きなポジションを任され、開発を一から携わり、モノづくりの醍醐味を肌で感じることができるのは、イナバならではの魅力だと思います。

イナバで働くことを決めた理由は何ですか?
大学では金属工学について学び、
その経験を活かせると思いました。

大学の研究室では研究テーマとなっている装置の図面作成から、それの作製まで行っていました。将来は、ゼロからモノづくりを手掛け、世の中にないものを製品化したいという目標がありました。イナバの製品は90%以上が自社製造で、材料の選定から出荷まで一貫して自社で手掛けている体制があります。ゼロからの製品開発に携わりたいと考えていたことと、住環境にも興味があったため、身近な「オフィス家具」・「物置」の製品開発に携わることができる会社、稲葉製作所から内定をもらった時は、即決でした。実際に入社してから、約2年程、モノづくりの基礎を学び、新製品などの開発に携わることができたので、イナバを選んで良かったと思っています。

就活生に向けての温かいメッセージをお願いします!

様々な会社を見ることができるのは、就職活動中だけだと思います。少しでも興味を持った会社があれば、ぜひ足を運んで欲しいと思います。何気なく足を運んだ会社が、自分の将来の目標にぴったり合う会社だった、ということもあるかもしれません。今しかない就職活動というチャンスを、ぜひ、活かして欲しいと思っています。