技術部 第二開発課

先輩社員の声

技術部 第二開発課 石﨑 葵 2011年新卒入社/理工学部都市工学科 卒

どのような仕事をしていますか?
イナバ物置「NEXTA」シリーズを中心に、
鋼製物置の製品開発業務に携わっています。

イナバの営業部を通じてお客様のニーズや要望を伺うことや、多くの部署を交えて定期的に実施する意見交換会等から、需要のある鋼製物置を考え開発しています。より頑丈な鋼製物置を製造するためには、鉄板を曲げてできる部材の断面形状が重要なため、曲げ方ひとつにも注視し図面を作成します。また、鉄板を加工する自社工場の生産設備や技術力、長年のノウハウを活かし、常に工場と連携をして設計を進められることは、イナバの強みの一つだと思います。図面作成後は、いよいよ試作をつくり、組み付け検証、強度・耐荷重といった試験、安全性や品質のチェックなどを行います。繰り返し検証を行い、一連の流れのすべてをクリアしたら、製品として販売されていきます。妥協せず、こだわりを持って取り組んだ成果が、「やっぱりイナバ」というブランドに繋がっていると感じています。

仕事のやりがいを感じる時は何ですか?
設計した図面が製品となり、その部品一つ一つが
狙い通りに機能を果たしている、と実感できた時です。

イナバの製品は多数の部材を組み立てて一つの製品が完成するため、常に全体の構造を考えながら、それぞれの部品図を作図しています。また、各部材の機能を最大限に活かすためには、他部材との相性を加味して作図に取り組むことが大切です。部品図面が実際の一つのモノとなり、各部材が自分の狙い通りに機能を果たしていると実感できた時、苦労を重ねた以上のやりがいを感じます。そして、各部材が機能を果たしている一つのモノ、自分が手掛けた鋼製物置を、お客様のご要望に少しでも近づけていくため、技術部のメンバーと共に誠意を持って、これからも、設計に取り組んでいきたいと考えています。

イナバで働くことを決めた理由は何ですか?
一番の決め手は、
会社の社風に魅力を感じたことです。

何気なく、稲葉製作所の会社説明会に足を運び、イナバの社員の様子や仕事内容を聞いて、モノづくりのイメージが膨らみ、魅力を感じたことがきっかけでした。鋼製物置の製品開発は、全員が開発に取り組む全員参加型で、先輩のアドバイスを受けながら、若手でも責任のある仕事に取り組みます。自由に意見を出し合うミーティングも多く、気兼ねなく上司や先輩社員に声が掛けやすい和やかな雰囲気で「モノづくり」に携われています。現在、技術部の在籍メンバーは、専攻分野などが様々で、それぞれの得意分野を活かしていると感じます。今までの経験問わず、モノづくりに興味がある方にとって、本当に働きやすい環境だと思います。

就活生に向けての温かいメッセージをお願いします!

就職活動は、沢山の会社を見ることや、その企業団体が、社会にどのような形で影響・貢献をしているのかを、真剣に考えることができる期間です。私自身も何気なく足を運んだところに魅力を感じて、稲葉製作所に入社することに決めました。足を運んで会社をじっくり見て、よく考え、自分に合った会社を見つけて欲しいと思います。